ギリシャ共和国の地理|この国の特徴や魅力を知ろう

ギリシャ共和国の地理|この国の特徴や魅力を知ろう

ギリシャ共和国の地理|この国の特徴や魅力を知ろう

ギリシャ共和国は地中海・バルカン半島南端の、ヨーロッパ、アジア、アフリカの交差点に位置する国です。まだギリシャという国家が成立する前の古代時代、周囲の先進文明を積極的に取入れることで、政治的・文化的に大いに発展し、ヨーロッパ文明の基盤を形成しました。
経済の低迷が続く現在でも、民主主義など現代文明の発祥地として世界中から尊敬のまなざしが向けられており、ヨーロッパの中でも観光地としての人気が特に高い国です。そんなギリシャの魅力を語れば切りがありませんが、特にここ!という魅力を6つピックアップしてご紹介したいと思います。

 

ギリシャの6つの魅力!
1.西洋文明の基礎を築いた深すぎる歴史
2.個性的な神々が人間界を引っかき回す波瀾万丈な神話
3.文化遺産にも登録された地中海伝統の食文化
4.ローマ美術に多大な影響を与えた芸術
5.神殿が象徴する洗練された建築様式
6.希少な動植物に溢れる多様性に富む自然

 

1.西洋文明の基礎を築いた深すぎる歴史

民主主義の成立や様々な学術的発見など、古代ギリシャ時代の功績の数々はヨーロッパ文化の基礎となりました。ギリシャから遠く離れた日本でも、今や政治、科学、医療、ファッションなどなど、あらゆる分野でヨーロッパ文化を参考にしています。古代ギリシャの歴史を学ぶことで、生活の中の身近な発見や興味も増え、見識が広がっていく楽しさがあります。

 

詳しくは古代ギリシアの歴史にて

 

2.個性的な神々が人間界を引っかき回す波瀾万丈な神話

ギリシャ神話は、古代ギリシャ時代より伝わる、ギリシャの地に住まう神々の物語です。様々な個性的な神々がいて、人間界に積極的に関わっては、いさかいを起こします。ポリス成立前のミケーネ文明の頃より伝えられ、ギリシャ人の精神性や宗教観に強く影響しました。ギリシャ神話を読み解くことは、創作として面白いだけではなく、古代ギリシャ社会への理解をいっそう深めることにもなるのです。

 

 

3.文化遺産にも登録された地中海伝統の食文化

ギリシャ料理はユネスコの文化遺産にも登録されている地中海食の1種です。地中海特有の気候風土で育った野菜や果物を豊富に使い、美味しいだけでなく栄養バランスに優れ健康に良いことでも知られています。とくにギリシャは世界第三位の生産量を誇るオリーブ大国ということで、オリーブの強い風味を活かしたものが多いのが特徴的です。

 

 

4.ローマ美術に多大な影響を与えた芸術

ギリシャ美術は、エジプトやオリエントの影響を受けながら独自発展し、その高度な陶芸・彫刻技術は、ローマ美術や、後世のヨーロッパ美術に大きな影響をもたらしました。特に彫刻作品(神話モチーフのものが多い)が有名で、ローマ美術はギリシャ彫刻の模倣的な作品が多いことでも知られます。

 

5.神殿が象徴する洗練された建築様式

ギリシャと聞けば誰もが想像する荘厳な神殿は、ギリシャ建築を象徴する存在です。ペルシャ戦争勝利の立役者として莫大な富を得たアテナイで、急速発展し、前5〜4世紀に全盛期を迎えました。幾本もの石柱、左右対称の調和やバランスを意識した直線的な造りが特徴で、この構造は現代の建築様式にも取入れられています。

 

 

6.希少な動植物に溢れる多様性に富む自然

ギリシャの自然は多様性に富んでいます。というのもギリシャはヨーロッパとアジア、アフリカの交差点に位置する地域なので、それぞれの地域の影響を様々な動植物相が形成されています。渡り鳥の中継地となっている川のデルタ地帯は、とくに希少な生態系で知られ、環境調査やバードウォッチングの名所です。

 

 

トップへ戻る